• Profile
 

media



Profile

  • 伊藤 拓

    伊藤 拓 1976年生まれ

    21歳の時、革細工を始める。
    大手革製品製造メーカーに入り技術を学ぶ。
    退社後オートバイに革の道具を積み、
    各地の職人を訪ねながら半年掛かりで日本を一周。
    その後「革工房TAKU」を起こしフリーマケットやイベント出店を重ねる。
    • 2006年7月 神奈川県川崎市麻生区にてショップを展開。
    • 2011年9月 工房を京都市の嵐山へ移転
    • 2013年5月 工房を嵐山から京北へ移転
    現在に至る
  • 革の紹介

    革工房TAKUのこだわり
    主に国内で鞣された タンニンなめしの革をメインで取り扱っております

    1,オイルレザーブラック2,オイルレザーブラウン
    ( オイルを含む革 鞣し作業の工程の中で着色されております)

    3,ヌメ(無着色の肌色の革 使い込むにつれアメ色に経年変化し アジを楽しめます)

    4,ホワイ(鞣し作業の工程で漂白された革 オシャレだけれど汚れは目立ちます)

    手染めカラー 
    5,ワサビ 6,ダークブラウン 7,ライトブラウン 8,グレー
    9,ライトブルー 10,ダークブルー 11,ネイビー 12,パープル
    13,レッド 14,ピンク 15,オレンジ 16,イエロー
    ヌメ革に革用染料で着色
     手作業のためハケの染めむらがあります
  • ミシン縫い

    ミシン縫い
    ミシン縫いは上糸と下糸の2本の糸が絡み合って縫われております。
    弱点としましては、一ヶ所糸が切れると前後に及んでほつれてしまいます。
    ほつれてしまった場合の対処法としては、糸がナイロン製のものであれば短くカットし、
    ライター等で糸をあぶり糸が溶けたところで指で押さえます。
    押さえた部分がタマ止めの役割をはたし、ほつれの進行を防ぎます。
    糸がナイロン製でない場合は手縫い等で補修します。
  • 手縫い

    手縫い
    手縫いは一本の糸の両端にそれぞれ縫い針を付け、交互に縫い合わせて行く手法です。
    ミシンが掛からない厚手のものや、力の加わりやすいものに使われます。

    ミシン縫いに比べ頑丈で耐久性にも富んでおります。
    糸自体もロウを染み込ませてあり、太くて丈夫なうえステッチがくっきりと目立ちます。
    たいへん太い糸ですが、万が一切れた場合でもほつれはにくく、一ヶ所のみでおさまります。

    当工房では、お客様の予算に合わせて、二種類の縫い方を使い分けることによって手間を調整しております。
    例えば財布の表のみを手縫い、中身はミシン縫いで仕上げ、こすれやすかったり力が加わりやすい部分のみを手縫いで仕上げる事も可能です。
    革製品は使い込むにつれて色やツヤ等の変化がたのしめます。
    手作り感覚あふれる革製品をおひとついかがでしょうか?

    糸のカラーサンプルについて
    詳しくはこちら

page top